桜うづまき酒造の蔵人紹介

代表取締役 篠原 成昌 昭和49年生まれ 桜うづまき酒造の六代目社長を拝命しております。創業以来、今日まで当社の歴史を守り続けてきた歴代社長の偉大さを感じながら、頼れる従業員に支えられ、より良いお酒を造るため日々精進しております。幸い大の日本酒好きで、試飲を兼ねた晩酌が日課です。
杜氏 篠原 靖典 昭和51年生まれ
妥協することなく真摯に酒造りに向き合えば必ず良い結果に結びつく。その努力を惜しまないことを信念としております。
仕込みの期間は昼夜を問わず醪のお供をしておりますが、普段は寝るまで晩酌が趣味です。
休日には家族の機嫌を取ることも忘れないように心掛けております。
営業課長 山口 竜也 昭和50年生まれ
数年前にある酒蔵の日本酒を飲んで日本酒の魅力に惹かれました。その日本酒の魅力を伝える活動を行いながら、冬場はお酒造りも行っております。
趣味は映画で、子供の頃に「カサブランカ」を観て洋画の魅力に取りつかれ、映画ソフトの収集を始め現在では1500作品を超えました。好きな監督はマーティン・スコセッシやクエンティン・タランティーノなどなど。
瓶場主任 土居 欣秀 昭和62年生まれ
食事をしながら日本酒・焼酎を飲むのが好きです。特に日本酒の燗が大好きで、オールシーズンでも良いくらい燗酒好き。
大のプロレス好きですが野球も好きで、休日は息子たちに野球を教えております。読書や絵画も好きで推理小説を読んだり水墨画を書いたりしております。
事務員 本山 理恵子 昭和50年生まれ
お客様や業者様に元気いっぱいで対応することを心掛けております。
韓流ドラマと韓流映画に夢中で休日は朝から大好きな韓流ドラマを観てキャーキャー言っているので、大切な一人娘は呆れております。
蔵作業 徳永 美野里 昭和50年生まれ
酒造りは団結力が大事だと考えております。一人で頑張っても良いものはできません。チームの輪を乱さないように酒造りに取り組んでおります。
趣味は音楽鑑賞で、流行りの曲を2人の娘たちに教えてもらいながら聴いています。ちなみに星野源の大ファンです。